レーシック手術をすると就けなくなる仕事・職業は?

将来なりたい職業があるけれど視力が悪くなったので、大阪でレーシックをしようか悩んでいる方はいませんか?レーシックをして視力回復をすればどの仕事にも就けると言うわけではありません。

視力が悪いと就けない職業

世の中にはたくさんの職業がありますが、視力が悪いとなれない職業があり、せっかく就きたい職業があっても無理な可能性があります。例えば、法務教官、競艇選手や騎手、消防官や警察官や自衛官、客室乗務員はそれぞれ定められた視力が必要になってきます。

コンタクトレンズを使用すれば可能な職業もありますが、裸眼での定められた視力が必要な職業もあります。自分がなりたい職業が裸眼での視力を必要としているのに、だんだんと視力が低下していくと夢の職業へと遠ざかっていくので、それ程悲しいことはありません。

最近では、コンタクトレンズや眼鏡を使用しないで視力を上げるレーシックと言うものがあります。レーシックをして視力をあげてしまえばいいと考えた時には、きちんと調べてからレーシックをするようにしましょう。

レーシックをしたら就けない職業

レーシック手術をしてしまうと就けない職業はあるのです。その代表的なものがパイロットです。

パイロットに全く興味がないと言うのならレーシックをしても構いませんが、少しでも興味があったりまだ将来就きたい職業があやふやなままレーシックをしてしまうと二度とパイロットにはなれません。

自分のなりたい職業が視力を必要としているのに、視力が低下しているのならレーシックをしてもいいですが、眼鏡やコンタクトレンズをしていれば働ける職業であれば、レーシックをするのを少し待ってみましょう。

心変わりをしてパイロットになりたいと思った時にレーシックをしていたら、手遅れになってしまいます。パイロットは飛行機を運転すると言う非常に重要で、たくさんの人の命を預かっている職業です。何かあった時に、空に簡単に助けにはいけません。

レーシック後の後遺症等で視界がぼやけてしまったから事故をおこしてしまうなんてことは絶対に許されないことです。そのためにレーシックは禁止されているということをしっかりと理解しておきましょう。