レーシック手術の感染症のリスク

レーシック手術を受ける上でいくつかの感染症等のリスクがありますが、よほどクリニックが衛生面に気を遣っていないという場合を除いては、確率はかなり低いものです。

具体的には5000人に1人程度といわれるくらいで、感染症そのものもすぐに治療をすればすぐに快方に向かいますので、特に致命的な後遺症となって残ることはほとんどありません。

そういったことからレーシック手術はとても手軽で、安全性の高い視力矯正技術といわれています。

ただし、リスクは0%ではありません。たとえば、角膜炎や結膜炎を発症する恐れがどうしてもあります。

簡単にいえば角膜を薄く切り取ってまた蓋をするという技術ですから、術中または術後そこに雑菌が入り込んだことが原因でそういった症状に発展するという場合があるのです。

過去の例では、639人の患者のうち67人という高確率で手術後に感染症者を出したクリニックがあり、厳しい指導を受けました。

もちろんその事例では、クリニックの衛生管理にかなり問題があったわけで、使用する器具や手術を行う部屋の空調管理等が杜撰であったことが後に明らかになっています。

そのような管理体制の杜撰なクリニックでなければ、滅多に感染症に罹るということはありません。

感染症のリスクを抑えるために出来ることは、もちろんクリニック側としては衛生管理を徹底することでしょう。

患者の側としては、まず杜撰なクリニックを選ばないよう、どこで手術を受けるのか慎重に選ぶことも重要ですし、施術後の眼のケアを怠らないということも大切だと思います。目の健康は涙で維持されているといっても良いでしょう。

しかし、レーシックで角膜手術をすることで角膜の一部の神経が一時的に断裂されるため、涙の流量がしばらく減ることになります。

いわゆるドライアイの状態です。ですからこの間は、目薬で涙の不足分を補うようにすることで、目の健康を保つ方が良いということになります。このような術後のケアも、感染症を防ぐために大切だと思います。