大阪でレーシックを受けますが失明しないか心配です

大阪でレーシックを受けますが失明しないか心配です。いくらレーシックが安心だといっても大阪のクリニックの医師の治療が下手だったりする場合もあるし心配になります。

「レーシック手術」は視野を広げて人生を大きく広げることができる有意義な手術ですが、あまりよろしくない噂を耳にすることがあります。

これは「失明する危険性がある」などと都市伝説のように広がってる話で、具体的な加害者や被害者がいるわけでもなく、単に恐怖感をあおるだけの噂話であるといえます。

ただ実際に大阪ではないですが、数年前には銀座のクリニックで、手術器材を十分に殺菌しなかったことから集団で細菌に感染する事件も発生しており、そのあたりの実話も「失明する危険性がある」という話に真実味を与えているといえます。

では実際のところ「レーシック手術」で失明する危険性はあるのでしょうか。

国内で本格的に術式が行なわれるようになったのは2000年からで、現在まで10数年程という浅い歴史しかありませんが、実はこれまで失明に至った症例は1件も報告されていません。

上記でご紹介した銀座のクリニックでも、被害者数が7人と非常に多かったのですが、術式に問題があったというわけではなく細菌による感染症が発生したのであって、これまでのところ視力が完全に失われる事態には陥っていないのです。

このことからも「レーシック手術」の技術自体には問題が無いことがお判りになるかと思いますが、ただ個々のクリニックや医師により”技量や安全への意識”などは異なりますので、その辺りをどのように見極めるかという点が大きなポイントになってきます。