健やかな生活リズムを保つ

リア充というと、様々な恋愛や異性関係を楽しんでいる人というイメージを持っている人もいるようです。

もちろん、中には性行為などを様々な人として楽しんでいる人も存在しているかと思いますが、そうした行為を繰り返したが故に性感染症などにかかってしまって苦しい思いをしてしまったという人も存在しているのです。

自覚症状が出にくいものですと、性器クラミジア感染症です。

くらみじあという言葉は聞いたことがあるかと思います。

潜伏期間が長いこともありますし、その間は無症状であるという事から自分が感染させるばかりではなく、相手から感染させられてしまう可能性が高いのです。

結果、病院で治療をする羽目になったという人もいるようです。

また、非クラミジア性非淋菌性尿道炎という病気にかかる人もいます。

これもまた性交渉でうつる可能性があると言われています。

尿道から膿のようなものがでたり、排尿痛などがあります。

診察をし、検査をし投薬をして・・・という過程を踏まざるを得なくなってしまった人も多数いますので、最低限の予防はやはりしておいたほうが無難でしょう。

そして、絶対に放置は厳禁なのです。

本当の意味でのリア充とは、毎日の生活が健やかであることも加味されていると思いますのでそういった側面にも気を払うようにしていきましょう。


新着情報

◆2014/10/27
健やかな生活リズムを保つの情報を更新しました。
◆2014/02/04
淋病の治療にはどの薬?の情報を更新しました。
◆2014/02/04
自覚症状が出にくい症状の情報を更新しました。
◆2014/02/04
性感染症の若年化が進行中の情報を更新しました。
◆2014/02/04
運営者情報の情報を更新しました。